よろぶろ

スポンサーリンク

【いい所】東京の人間が語る東京のメリットまとめ【魅力】

      2018/05/01

僕は田舎が好きだ。ずっと東京に住んでるからか、たまに無性に田舎に行きたくなる。

緑が多い自然、綺麗な空気・・田舎に移住も考えた。でもよ~く考えた結果、結局この先も東京にずっと住み続けることにした。

その理由は、東京に住んでる方がメリットが大きいと感じたからだ。

そんな東京の人間が語る「東京のメリット・いい所」を上げてみる。

 

1、店が多くて便利

やっぱりこれ、東京にはとにかくあらゆるお店がある。

服屋、飲食店、その他なんでも星の数ほど店がある。

今はネットで何でも買えるけど、やはり実物を見て買いたいと思うことが多々ある。

実際、買い物に行って何も買わないで帰ってくることもあるのだが、それでも色んなお店を見て回るだけで気分転換になる。

また習い事したくなったり、イベントに行きたくなっても東京には何でもあるので便利。

 

2、働き口が沢山ある

東京には、アルバイトでも派遣でも就職先でも沢山ある。

僕はネット関係の仕事を自営でしていて、合間にバイトもしているんだけど、今まで10種類以上のバイトを経験してきた。

年中いくらでも募集をしているので、自分のしたいバイトが選べるし、他のバイトをしたくなったら、手軽にバイトを変えられる。

誰でも生きていくにはお金がかかるので、働き口が多いのは東京の大きなメリットの1つだ。

 

3、車がいらない

今まで東京に住んでて、車を持ったことがないし今後も持つことはない。

路線が発達していて移動手段は電車でで、近場なら自転車で十分。

車で出かけるとすぐ渋滞で時間かかるし、止める所も少なくてお金もかかる。

ほんとに車いらん。

だから、東京住んでて、女性に「車持ってますか?」なんて今まで一度も聞かれたことない。(田舎の男女はこういう会話があるらしい)

それに、よく東京は家賃や土地代が高いっていうけど、田舎と違って車が要らないのでその分あまり生活費は変わらないと思う。

東京で車はいらない!?必要な時だけレンタカーで十分

 

4、人に無関心で干渉されない

東京の人って人に無関心で、他人にあまり干渉しない。

人が多過ぎるので一々一人一人に関心ないし、興味もわかない。

内の住んでる街は決して栄えてる方じゃないけど、それでも人がうじゃうじゃいて、家から3分も歩けば誰一人知らない人ばかり。

個人的に近所の人に会ってもお互い挨拶もしないので、一々気使わなくていい。

ましてやこれが新宿や渋谷など都心に行けば行くほど、この傾向はより顕著になる。

このように東京では一々人に干渉されないので気が楽である。

 

まとめ

東京のメリットをいくつか上げてきたけど、特に大きいのは「お店が多い」ことと、「働き口が多い」ってことだ。

生きてると必要な物ってどうしても出てくるし、都心にショッピングでかけるのがもう基本的な生活スタイルになっている。これを田舎に住んで買い物をアマゾンに切り替えるのはきつい。

それに自営の売り上げも日々下がって来てるので、他の収入源も必要。そうなってくると働き口が多い東京がいい。

 

日本全体の人口は減ってるのに、逆に東京の人口は増え続けてることを考えても、やっぱりそれだけ東京にメリットが大きいってことなんだろうね。

 - 雑記